金融経済読書会 in 東京


本読書会は金融・経済及び経済学に関する著作を読み、参加者で議論するという形式です。

新作に限らず、名著とされる古典も課題本としております。

金融や経済に関する著作を読むことで、その理論や実務問わず、広く金融や経済に触れることを目的としております。

 

■対象者
・金融、経済の問題に興味がある方
・金融、経済についてより深い知識を得たい方
・金融、経済の古典に触れたい方

■参加条件
・課題本の読破
・積極的にディスカッションに参加できる方

 

■読書会の目的
・金融、経済の理論・実務を問わず広く著作を通してその神髄を理解すること。
・著作から得た知見を、自分の実務や生活にどう生かすかを考えること。
・学んだこと(Input)したことを、勉強会を通して、議論することで理解を深めるように

 すること(Out put)
・金融・経済に興味がある人の人脈を作ること。

■時間
毎月第一土/日曜日 午前中心に開催


■場所
各回で別途案内


■これまでの課題本

「隷属への道」F・A・ハイエク (著)

「資本主義と自由」ミルトン・フリードマン (著)

「超ヤバい経済学」 スティーヴン・D・レヴィット /スティーヴン・J・ダブナー (著)

「リーマン・ショック・コンフィデンシャル」アンドリュー・ロス・ソーキン (著)

「競争と公平感—市場経済の本当のメリット」大竹 文雄(著) 

「富の未来」A・トフラー/H・トフラー (著)

「フラット化する世界」 トーマス フリードマン (著)

「予想どおりに不合理」ダン・アリエリー (著)

「リスク −神々への反逆」(上・下巻)ピーター バーンスタイン (著)

「ブラック・スワン 不確実性とリスクの本質」ナシーム・ニコラス・タレブ (著)

等 

 

 

次回の勉強会及びお申し込みについて


次回の勉強会の内容はこちらでご確認願います。 

今後の読書会予定については、現在「facebook」にて募集を行っております。

ご参加ご希望の方は、各イベントのリンクよりお申し込みいただければと存じます。

 

※「facebook」にご加入されていらっしゃらない方は、当HP「お問い合わせ

よりご連絡いただければと存じます。